軽自動車 保険料比較|まずは加入条件を決める

軽自動車 保険料比較

軽自動車の保険料を比較するための手順

◎第一ステップ⇒自分の加入条件を確かめる

軽自動車の任意保険料を各社比較するためには自分の加入条件の確認が欠かせません。

任意保険料は年齢・等級・使用目的・車種・走行距離・車両保険の有無などで大きく変わります。
相場をどんな専門家に尋ねてもまずは「加入条件は?」と質問されることになります。


◎第二ステップ⇒各社の比較を行なう

加入条件が決まっても1~2社の見積だけでは任意保険選びの結論が出ません。

自動車保険は現在20社以上もが扱っており各社が様々な商品で競争しています。
同じ加入条件で任意保険料の差が2倍以上になることも珍しくありません。

このような各社の比較を行なって初めて後悔のない保険選びとなります。


各社比較で短時間に相場を知る方法は現在一括見積もりしかないかも知れません。

20社を超える保険会社に1社づつ見積を依頼するのは普通不可能に近いでしょう。
一括見積もりは短時間の入力で複数社の比較を一度に行なうことができるのが最大のメリットです。

軽自動車 保険料比較|任意保険の節約

軽自動車 保険料比較

軽自動車の最大のメリットはやはり維持費の安いことでしょう。
軽自動車の任意保険は維持費の中で結構な比重を占めているはずです。

維持費全体が安いだけに任意保険の選択を誤ると軽自動車のメリット自体が損なわれかねません。

現実に、軽自動車で旧来タイプの代理店型任意保険を選ぶ場合は、普通車で通販のリスク細分型を選ぶ場合よりも保険料が高くなってしまうでしょう。

自由化で消費者の選択が広がったのはいいことですが、このような状況では、軽自動車こそ各社の保険料比較をよく行って任意保険を選ばないとそのメリットが消し飛んでしまうかも知れません。

軽自動車の任意保険節約のためなら、満期更新の時に毎年一括見積もりを行って最安を確認するのもいいかもしれません。

軽自動車 j保険料比較|自分で比べて自分で決めよう

軽自動車の例ではないですが、一括見積もりによる見積もり相場比較の一例です。

安全運転の40代ファミリー(※保険スクエアbangの公式ページから)

■年間保険料(対人-無制限、対物-1千万円、搭乗者障害-0~5百万円、人身障害-5千万円)

   ・セコム損保            48,090円
   ・ゼネラリ              48,120円
   ・アクサ損害保険         63,800円
   ・チューリッヒ             67,490円
   ・AIU                 69,080円
   ・あいおい損保           69,140円
   ・東京海上日動          70,220円
   ・そんぽ24             70,240円
   ・日本興亜損保          71,900円
   ・三井住友海上          72,300円
   ・ソニー損保            73,140円
   ・富士火災             76,960円

【条件】 住所/大阪、年齢/45歳、次契約/17等級、30歳(あるいは35歳)以上担保、走行距離18000km、車体/ホンダ・オデッセイ、型式/RB2、使用目的/レジャー・通勤通学、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(44歳)、家族限定/本人・配偶者、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/230万円(一般、免ゼロ付)


対物が1千万円で人身障害を厚くする例ですが、年間保険料の差が最大28,870円にもなっています。

30代の例と比べて見ると、年齢、車の使用目的、補償の設定、家族限定などの加入条件により、安くなるところ、高くなるところが違うということがわかります。


軽自動車の場合も、毎年更新の時期に一括見積もりサービスで見積もりを取り、一番安いところを確認しながら任意保険の見直しや乗換を行なう人が増えているそうです。

無料サービスである自動車保険一括見積もりは、一度の入力で複数の保険会社の見積もりを一覧付きで入手することができ、手元の資料で各社の保険料、補償内容、サービス内容などをマイペースで比較・検討することが可能です。

軽自動車の任意保険のビギナーが相場を知りたい場合、また自動車保険の見直しでできるだけ安い通販型の相場を知りたい場合には、ネットで行なえる自動車保険一括見積もりサービスがピッタリです。

軽自動車の保険料も普通車と同様、年齢、居住地域、車種、クルマの使用目的、年間走行距離、運転免許の色、安全装置の有無など、一人一人の加入条件によって違ってきます。

また、各保険会社によって顧客ターゲットの設定が違うことから、例えば免許証の色であってもゴールド免許の割引をする所もあればと割引がないところもあるというように、割引やリスク細分の内容も会社によって同じではありません。

このような市場で、自分にピッタリの任意保険を見つけるためには、自分の加入条件でいくつもの保険会社から見積もりを取り寄せて比べてみることが欠かせなくなります。

でも、1社か2社ならまだしも、数多くの保険会社から見積もりを取るためには、膨大な時間と労力を要します。

このような時こそ一括見積もりサービスの出番です。

複数の保険会社の見積もりを一度の入力作業だけで一覧付きで取り寄せることができ、自分の加入条件による各社の保険料、サービス内容などをマイペースでじっくりと比較・検討することができます。

また、一括見積もりのサイトでは、各社のロードサービスの詳細な比較、事故対応サービス利用者の体験談など口コミ情報も掲載されており、自動車保険選びの参考になります。


このページの先頭へ